LEXUES BLOG

レキサスブログ

サーバ監視ツール機能比較!

レキブロ読者の皆さま。こんにちは。

実は今週は東京出張中だったりします。沖縄から来た身として東京は激寒いです。。

出張初日。打ち合せ終了後、駅まで歩いていると突然の雨。
冷たい雨に降られながら、「雨は夜更け過ぎに雪へと変わるだろう…」
ふとそんな歌詞が脳裏をよぎり、少し早めの切ない気持ちになりました。
※雪は降っていません

こんにちは!ビジネスデザイン部の下門です。

staff_img_shimojo

そうです、このイラストの奴です。
レキサスクラウドの専用ページに登場しますので探してみてください。

さて以前レキサスクラウドのブログに書かせていただきましたが、AWS標準の監視サービス「Amazon CloudWatch」と弊社標準監視ソフトウェアの一つである「Nagios」+グラフツール「Cacti」を導入しEC2に対して監視を行った際の機能比較を下記の表にまとめてみました。

Amazon CloudWatch Nagios + Cacti
監視種別 ハイパーバイザの監視 OSの監視
監視項目 ※ 死活監視 インスタンスのステータスチェック Ping監視
URL監視
サービス監視 - ポート接続監視
プロセス監視
ディスクI/O監視 読み出し回数
書き込み回数
読み出し量
書き込み量
-
リソース監視 ネットワークトラフィック(IN/OUT)
CPU使用率
ネットワークトラフィック(IN/OUT)
CPU使用率
ロードアベレージ
メモリ使用量
ディスク使用量
その他 - 監視項目のカスタマイズ
グラフ 項目 監視全項目 ネットワークトラフィック(IN/OUT)
CPU使用率
ロードアベレージ
メモリ使用量
ディスク使用量
プロセス数
カスタマイズ監視項目
保持期間 2週間 お客様ご指定の期間

※CloudWatchの監視項目は標準メトリクスの項目です。

所見等も含めた詳細は元記事をご参照ください。

最近はAWS上のサーバに対する監視を行ってほしいという話をいただくことが多くなっております。

AWSでは、これまで自社でインフラを持っていない開発会社さんがSI事業の延長で取り組まれているケースが多く、ただ開発がメインの会社さんにて夜間・休日の監視・エスカレーション体制を構築するというのは非常にハードルが高いため、弊社にご相談いただくケースが多くなっております。

このような特殊なケースのご相談も可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

レキサスクラウド担当窓口
TEL :098-921-3800 (平日10:00~18:00)
Email : idc-info@lexues.co.jp
担当 : 野原、比嘉、下門

この記事のライター

みなさまからのご連絡をお待ちしております。

CONTACT US