LEXUES BLOG

レキサスブログ

シリコンバレーに来て感じた事

シリコンバレー(SV)からこんにちは、宮里です。

実は、私今週から同じチームの熊澤さんと一緒にSV来ております。目的は、今はちょっと言えません。でもって通常のお仕事は続けております。しばらく滞在する予定ですので、何か面白いことがあればレキブロに書いていこうと思います。よろしくお願いしますm(__)m

kuma_mito.JPG

熊澤氏と宮里 in SV社宅近くにてさりげなく写真撮られたの図

こちらへきて1週間まだたちませんが、ここ数日間は、安田さんのコネクションで、こちらのエンジニアの方や研究者の方とお会いしたりmeet upに参加したりしていました。その中で感じた事を少し書きたいと思います。

まず、開発者が非常に優遇されているということ

    •  素敵なかっちょいいオフィス
    •  マシンは高スペック- フリーアドレス
    •  フレックスタイム
    •  個人用デスクがすんげー広い
    •  ミーティングスペース、カフェテリア、トレーニングルーム、キッチン、フリードリンクスペース、ビールスペース
    •  大自然
    •  家は広い

(最後の2つは関係ないか..)etc…

加えて、meet upにいけば、ピザやアイスクリーム、クッキーがあり、まず食べ物には困りませんw さらには、来場者の中から抽選で最新の端末をゲットできたりします。

気候もすごく良くて、1年のうちほとんどは晴れでカラッとしています。なので、昼は外でランチしながらパソコンを広げて開発〜なんてこともできます。パロアルトに行くと、カフェでMacを広げてお仕事〜見たいな風景を良く見かけました。

それから、お会いした方に共通していたのは、どの方も仕事と趣味/プライベートをバランスよく持っている事です。趣味でもプログラミングしていますという方はいましたが、それでもお仕事のプログラミングとは大分別の分野だったりします。しかもその趣味がお金になったりするほどの腕前という。。18:30頃に訪ねたオフィスもあったのですが、すでにもぬけの殻状態(うちじゃああまり見られない光景)。みなさん金曜日ということもあって街へくりだしたのでしょう。とにかく、皆さんとても生き生きしています。人生enjoy。毎日がeveryday。

最後にもう一つ、すごいなと感じたのはコミュニケーション能力の高さでしょうか。相手を楽しませようとしたり、相手を良い気分でいさせたいという感情をヒシヒシと感じます。そういう所から色々なアイディアが生まれ、コラボレーションが生まれ、製品が生まれ、良いサイクルが続いていくんでしょうね。

ちょっと話はそれますが、 レジでさえも必ず挨拶はします。小話がはいることも普通の事です。日本では別に外へでても一言もしゃべらず家に帰ってまたパソコンに向かって1日だれとも会話しないなんて事は普通ですが、こっちだとあり得ないです(まちょっと大げさかも)。こういった普段の生活の中でもコミュニケーション能力が鍛えられているのかもしれません。

以上、一般的に言われる事ばかりですが、今回SVにきてみて、「あぁなるほど」と実感した次第です。

parc_1.JPG

聖地ゼロックスパロアルト研究所にて(特に記事と関係ないすけど)

P.S.
徳嶺さんがとりくんでらっしゃるアイディアボードで、弊社にも良いサイクルが生まれますように!あと、SVでは色々と安田さんにサポートしてもらっています。めっちゃ助かっています、ありがとうございます。

この記事のライター

みなさまからのご連絡をお待ちしております。

CONTACT US