LEXUES BLOG

レキサスブログ

[レポート] エンジニアの声を直で聞けるイベントを実施しました

こんにちは、宮里です。

8/7(水)に、先だって告知していました、「レキサスエンジニアのぶっちゃけトーーク! ~システム開発の裏側語ります~」というイベントを開催しましたので今日はそのレポートをお届けしたいと思います。

イベントのようす

イベントのようす

 

どんなことをお話したか

“受託開発”というお仕事の全体フロー(依頼、要件定義、設計、開発、テスト、リリース、保守・運用)の各ステップを一つひとつ、サンプルで作った仮想案件を元にお話させてもらいました。

普段どういうことをしているか、何に気をつけているか、どこが大変か、だけでなく、このお仕事のやりがいや、就職活動の際に気をつけておくべきことも、ふんだんにお話しました。

やってみての感想

今回は参加者の数も8名ということで、1つのトピックを話終えたらQ&Aタイムという対話形式で進めていました。そのおかげもあってか、会が終わって数名の方へ感想を聞いてみたら、「すごくよかったです」という感想、安心しました(ホッ)。

今回は、

  • ITのスキルを学校では学んでいるが、実際どのくらい役に立つか知りたい方
  • 今後IT業界へ進みたいがイメージが湧かない方
  • レキサスに興味がある方(といっても他社でも全然OKですよ!)
  • 就活相談したい方

といった方々に向けてお話をする、大体はそれにマッチする学生さんや既卒の方が来られていたのですが、なんと学校の先生も来られていました。生徒に適切な進路指導をするため、とのことでした。

個人的にはこれがすごく印象的で、こうやって企業側と学校側が歩み寄ることで、これから働こうとする学生さんが、より多くの選択肢の中からよりリアルに自分にマッチした職場を選び、働き方を探すことができるようになってほしいなと思いました(ただそれには本人の主体性が求められますが…)。

また次も開催したいと思っていますので、その際は是非足をお運びください〜。ではでは!

 

キーワード:   

この記事のライター

みなさまからのご連絡をお待ちしております。

CONTACT US