LEXUES BLOG

レキサスブログ

レキサス on 週刊ほーむぷらざさん「世界とつながる! 海外研修で企業力UP」

こんにちは、元シリコンバレー住人の安田です。1年だけですが。。

ということで、みなさまは先日5月29日(木)の「週刊ほーむぷらざ」をご覧頂きましたでしょうか? 週刊ほーむぷらざは毎週木曜日に沖縄タイムスと一緒に届く”沖縄県の女性のためのライフアップ情報紙”ですが、こちらでレキサスの海外研修の取り組みのことが紹介されました。以下のページで全文をお読み頂けます。

「ほーむぷらざ創刊30周年企画 世界とつながる! 海外研修で企業力UP」

今回の記事のベースとなったのは、シリコンバレーでの長期滞在を経験したレキサス社員4名のインタビュー。その4人とは、下門熊澤宮里、そしてワタクシです。

下門、熊澤、宮里の各氏とはふだんから業務でよくやりとりをしていますが、今回のように4人で集まり改めてシリコンバレーを振り返る、という機会は実は初めてでして、胸の内を話すのがなんか恥ずかしかったです(笑)。

でもあれですね、向こうで暮らした者だけが経験している見えない苦労なども当然たくさんありますので、そういう意味でもこの4人の仲間、同志という感覚は、誰も言葉にこそしませんが強いものがあると思います。

私も前回渡米してからもうすぐ1年。向こうの乾いた空気がそろそろ懐かしくなってきましたですね。。

この記事のライター

みなさまからのご連絡をお待ちしております。

CONTACT US